目にあったカラコンを

カラコンの含水性について

カラコンは含水性のチェックを

ファッションに欠かせないものとなっているカラコンですが、どのように選んでいるでしょうか。価格や色合いも重要なポイントとなりますが、目の健康のことを考えた場合、含水性がどの程度あるのかをチェックするのも重要です。一般的なコンタクトレンズは酸素透過性や含水性が高いものが主流となりますが、カラコンはレンズ内に色素を含むためにそれらが通常のコンタクトレンズよりも低いものが主流です。しかし最近は高含水のタイプも開発されており、さまざまな商品の中から自分の好みのものを選べるようになりました。いずれにしてもコンタクトレンズは目に直接装着するものですので、取り扱いに注意して定期的な健診を受けることも忘れずにしましょう。

カラコンの含水性とその特徴

カラコンを付けると瞳の色を自由に変えられますが、それ以外にも黒目をきれいに大きくすることができます。大きい黒目は女性らしい印象を与えますので、普及した現在ではアイメイクには欠かせない存在になっています。ファッションを考える上でとても大事なカラコンですが、その含水性とはレンズにおける水分の割合で、50%以上は高いレンズとされます。含水性は高いと良いのではなく、高いものと低いものにそれぞれ特徴があります。高いものは角膜に優しいですが、レンズに水分が必要なため、ドライアイを悪化させる恐れがあります。低いものは目が疲れにくいですが、ゴロゴロしやすい欠点があります。目の性質を判断し、合ったレンズを使うことが重要です。

カラコンの選び方情報

新着情報

↑PAGE TOP